頼るべき弁護士の知識、相続と離婚の詳細

LAWYER GUIDE

弁護士

bengoshi

弁護士とは、依頼人からの相談を受け、法的に弁護・処理することができる知識をもつ存在です。

個人による相談依頼、そして刑事事件の弁護など取り扱う内容は幅広いといわれています。

資格

弁護士になるためには、司法試験合格が必須となります。
そして、その後原則として司法研修所で修習を受け、日本弁護士連合会の名簿に登録しなければいけません。

法律に関しての知識を専門的に蓄える法科大学院があります。
この法科大学院の修了者らを対象とした司法試験の合格率は、2013年では26.8%という数字になります。
専門的に知識を蓄えていても、約4分の1の方しか合格することができない難関といわれています。

変化

henka

弁護士とは、実際に個人依頼するという機会がまだまだ少ないといわれています。
相続や離婚の際にトラブルが発生した際にも、当事者同士で解決するという方法が望ましいという風潮が強いのです。
その原因にあげられるのは、弁護士は職業の性格上宣伝広告をすべきではないとされてきたからです。
今まで弁護士や法律事務所の広告は法律で規制されていましたが、これは2000年10月より撤廃されました。

例えば、家族が急に逮捕されてしまった、という事実が警察から告げられたとします。
その際に、家族は心配でその詳細を知りたいと感じるものです。
しかし、警察には守秘義務により事件詳細を告げるということが叶わない場合もあります。

弁護士という存在であれば、勾留状謄本交付請求等を活用し、多くの情報を収集することが可能になります。
トラブルが起こった際に、法律に関しての知識がないことで更に状況は悪化したり、詳細を把握することもできません。
その際に頼ることができる存在でもあるため、いざという時には有効的に活用していかなければいけません。


おすすめサイト

交通事故弁護士の費用特約を調べるなら@弁護士法人ウィズ

ニュース

2014/06/04
交通事故の概要を更新しました
2014/04/18
詐欺を更新しました
2013/10/15
相続を更新しました
2013/10/15
離婚を更新しました
2014/02/20
不倫を更新しました